食品・栄養成分表示の作成を応援します
食品表示【Ulabel】
[ウラベル]
食品 食品 食品 食品

栄養成分の計算

栄養成分表示(1個80g当たり)
―――――――――――――
熱量:203kcal
たんぱく質:6.5g
脂質:7.9g
炭水化物:25.2g
食塩相当量:0.16g
―――――――――――――
(推定値)
栄養成分の計算をウラベルの食品・栄養成分表示計算ソフトでスピーディーに自動計算する方法とその仕組みを解説しています。
※食品表示や栄養成分表示の作り方など、ソフト全体の使い方につきましては、>>食品表示の作り方 でご確認下さい。

動画:ソフトを使った栄養成分の計算

>>食品表示ソフトを使った栄養成分の計算動画で説明しています。(※全画面表示でご覧下さい)
  1. 画面左のから原材料食品添加物、「〇〇g当たり」の部分などを入力します。
  2. 下記へ反映する」ボタンをクリックすると、「栄養成分表示」が自動で作成されますので、商品に合わせて表示内容を調整して下さい。
  3. 出来上がった「栄養成分表示」のテキストをコピーしてラベル印刷のソフト等にご利用出来ます。

各栄養成分の計算

画面左のから材料を選択し重量を入力すると、成分表にある100g当たりの栄養成分重量を基に、材料の使用重量当たりの各栄養成分「水分、熱量、たんぱく質、脂質、食塩相当量」が計算されます。
(例):いちご 生 100gの熱量は34kcalなので、これを80g使うと、「80 / 100 * 34 = 27.2kcal」となります。

※調理加工で増減する成分(水分・油などの増減)がある場合は、→こちらもご確認ください。
食品に「焼く・揚げる・蒸す・煮る」等の調理加工を行うと水分や油分が増減しますが、これらが増減することで食品の総重量が変化し、100g当たりの栄養成分も変わってきます。

100g当たりの合計

各材料の重量、栄養成分の合計を計算し、更に100g当たりの合計が計算されます。
※ 1食分などの重量が表示出来るものは、「〇〇g当たり」の部分を変更して下さい。「〇〇g当たり」の合計で再計算されます。

四捨五入

下記へ反映する」ボタンをクリックすると、画面右下の「栄養成分表示」が自動表示されますが条件が複雑です。

  1. 熱量は、小数点第1位を四捨五入して整数で表示
  2. たんぱく質、脂質、炭水化物は、小数点第2位を四捨五入
  3. 食塩相当量が、0.0127g(ナトリウム 5mg x 2.54 = 0.0127g)以上の時は小数点第2位を四捨五入し、0.0127g未満の時は小数点第3位を四捨五入
  4. ナトリウム、コレステロールは、単位がgで0.005g(5mg)以上の時は小数点第4位を四捨五入、そうでない時は小数点第2位を四捨五入
  5. その他の栄養成分は、小数点第2位を四捨五入

という計算をしています。

※ナトリウム、コレステロールが、100g当たり5mg未満の場合は栄養成分の表示を0とすることが出来ます。
また、食塩相当量は、ナトリウムの2.54倍の数値になります。

食品単位当たりの表示を調整

レシピ部分の左下にある「100g当たり」の部分を変更した場合は、栄養成分表示の「〇〇g当たり」の部分を「1食分〇〇g当たり」「1包装〇〇g当たり」などの様に調整して下さい。

ソフトなら複雑な計算も簡単!

複雑な栄養成分の計算もソフトを使うととても簡単にできます!!
出来上がったテキストをコピーしてラベル印刷用のソフトなどでご利用下さい。
Ulabelの食品・栄養成分表示ソフトでは、市販のA4ラベルへのダイレクト印刷もできます。 → 食品・栄養成分表示ソフト 無料ではじめる
(5商品まで無料)
食品・栄養成分表示の作成を応援します
食品表示  Ulabel
[ウラベル]
食品 食品 食品 食品